2007年08月16日

旅ネコ、『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』に行く!

ついに旅ネコの部屋が35度になりました。
超・危険!
エアコンを付けています。


昨日、
ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』に行きました。

見ていない人の為、内容は伏せて、
旅ネコの感想を書きますね。

ハリーポッターシリーズも5作目。
どんどん成長していくハリー。
新たな登場人物。

期待は膨らみましたが・・・。


本好きの旅ネコですが、
実は、ハリー・ポッターシリーズはまだ読んでいません。

シリーズ物は最後ががっかりする事が多いので、
友達が全部読んで、良かったと言えば読みます。
 (映画をここまで見たので、読んでしまうかな?)

ちなみに映画は、シリーズ全部見てます。


前回から話がだいぶ暗くなってきました。
原作もこんな感じなんですか?

本が発売されると子供達が喜んで手にしている所が、
ニュースで放映されますが、

これ、子供が見て、大丈夫?

ワクワクするより、怖さでビクビクするような・・・。

旅ネコが、子供だったら、絶対、夜眠れない!

子供が見て大丈夫なのか心配です。
そんな心配をしてしまう、暗い映画でした。

ファンタジー映画とは呼べないシリアスさがあります。

ハリーの苦悩が、場面を暗くしていたとは思うのですが・・・。

初期の作品は、
ハリーが仲間と協力し、
勇気・知性で難局に立ち向かっていた所に、
面白さを感じ、感動があり、楽しかったのですが・・・。

長い作品の途中は、こんな感じなのでしょうか?


世の中、善と悪
映画も本もこの二つを軸に作られると思うのですが、

旅ネコは、ハリー・ポッターを見て、
スター・ウォーズを思い出してしまいました。

フォース=魔法、
ダークサイド(暗黒面)=ヴォルデモート卿
ジェダイ騎士団=不死鳥の騎士団

ルーク・スカイウォーカー=ハリー

似てると思いませんか?


posted by 旅ネコ at 16:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月11日

旅ネコ、『オーシャンズ13』へ!

旅ネコ、
久しぶりに、映画を見てきました。
『オーシャンズ13』

オーシャンズ13.JPG

内容は、見てない人の為に、書きませんが、
ん〜イマイチかな。

テンポ良く、楽しく、豪華な俳優人。

でも・・・。

有名人出過ぎて、無理があるような?
ブラピに、ジョージ・クルーニー、アル・パチーノ、マット・デイモン、アンディ・ガルシア
・・・。
映画好きな旅ネコには、涙のでるような豪華なメンバー。

でも、
120分映画で13人(13人以上)出てると、
一人、一人の個が発揮されず、パッ、パッ、パッ、パッと画面が変わってしまい、
物足りなさを感じてしまいました。
あの人、チョイ役!?

テンポ良く話は進むけど、テンションは上がらず、クライマックス。

痛快とか、最高とか、映画を見終わった時の爽快感がありませんでした。

旅ネコは、
最初の『11』が一番好き。

そして『12』、最後に『13』。

映画館で見る価値は十分にあります。
期待が大きかったので、「ん〜」と言う感想になったのかもしれません。




posted by 旅ネコ at 21:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月21日

メル・ギブソン監督

メル・ギブソン監督の
『アポカリプト』が上映されていますね。
古代文明好きの旅ネコですが、イマイチ興味が・・・。
旅ネコの直観か?

先日、同じくメル・ギブソン監督の
『パッション』をDVDで見ました。
(『パッション』はイエス・キリストの最期を描いた作品)


いや〜最悪!
ただのイエス・キリスト虐待DVD?って感じです。

悲惨な最後をリアルに描きたかったのかもしれませんが・・・。
嫌悪感すら感じます。

酷い作品です。
痛い!


旅ネコはクリスチャン系の学校の出身です。
 (旅ネコは、特に信仰している宗教はありません)

家には厚〜い聖書があります。
 (学校の授業の為、買いました)
聖書.JPG

週一回のキリスト教の授業の為に、この聖書は・・・。
使われたページは数ページなのに・・・。


「キリスト教入門」という授業があったのですが、
担当の先生(日本人の牧師さん)は、
どうも人格的に・・・「問題アリ」っていう先生でした。

物凄い神経質、すぐ切れる。
旅ネコの友達が、授業中貧血で倒れて時はあたふたして
何の対応もできませんでした。

これって・・・。

外国人の英語の先生で
すご〜く穏やかで優しい先生がいました。
その人も牧師さん。

その人を見たら、
本物!って感じがします。
自由、博愛。
写真を載せたい!

旅ネコの宗教論は
「信仰は自ら実践する事で指し示す」かな?なんて思います。


本好きの旅ネコですが、
この厚い聖書はまだ読んでいません。

簡単に学びたかったので、小説「聖書」を読みました。
 (これは旅ネコお薦め)





旧約聖書、新約聖書、使徒行伝とありますが、
使徒行伝は面白くありません。


posted by 旅ネコ at 15:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月08日

サッカーファンの方、『GOAL.!2(ゴール2)』見ましたか?

旅ネコは、サッカー好き。
細かなルールや、戦術は、よく判りませんが、
一瞬も気を抜けない、あのスピーディーな動きは魅力的。


好きなチームは特にありませんが、
日本代表の試合は必ず見ます。

キリンカップも見ました。

オシム監督になってから、
素人目にも日本代表はかなり変わったような?

中村俊輔選手がお気に入り。
彼のプレーは華麗ですね。
でも、インタビューがいつも素っ気無いのは残念。


中村選手より好きな人が、
大久保嘉人選手。

点を取りに行くあのハングリーさは、
日本人離れ。

ただ、代表に声が掛からないのが残念です。

偶然にも明日、誕生日です。
おめでとうございます。
日本代表になってほしい選手です。
他のどの選手より、ハングリーさがあって活躍してくれそうな
気がするのですが・・・。


そうそう、映画の話。
『GOLA.!2』見てきました。

ゴール2.JPG

『GOAL.!1』も映画館で見たのですが、
『1』の時は、正直、あまり期待していませんでした。
 
でも、見終わった後は、感動!

サッカー、サクセスストーリー。
夢、挫折、プロへ。


『GOAL.!2』
否応無しに期待が高まってしまいます。

ビッグクラブへ移籍か?
恋人、人間関係、友情は?

スターになり、お金を稼ぐと人は?

またプロゆえの浮き沈みに主人公サンディエゴは?


試合のシーンはドキドキでした。

ベッカム、ジダンも、出てますよ。

サッカーファンだけでなく、映画好きな人にお薦めな作品です。
『3』で完結。
次回作が気になります。
この『2』、2006年秋公開予定だったのですが・・・。
3はいつ?
posted by 旅ネコ at 20:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月30日

『パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド』 キャプテン・ジャックはどうなる!?

見てきました、『パイレーツ・オブ・カリビアン』

パイレーツ.JPG

パート1 最高!

「え〜」で終わったパート2

映画の続編物はつまらない?
見るべきか?
DVDにすべきか?

色々考え、昨日、パート3を見に行きました。


どうなるか?とドキドキして見ましたが、

正直、良かったです。

映像は、映画館ならではの大迫力、見ごたえあり!

内容は、上手くまとめられていました。

ジョニー・デップの迷演技?
おとぼけな、笑わせるシーンもしっかりあります。


キャプテン・ジャック・スパロウはどうなる?
エリザベスは?
ウィルは?

東インド貿易会社の権力者たちは?
海賊たちは?
海の怪物たちは?

見れば納得!

http://www.movies.co.jp/piratesfan/topics/20070519.html
↑キャラクターの相関図をしっかり確認して見て下さい。

パート2の内容をすっかり忘れて見に行ったので、
旅ネコは途中???


ディズニーランドのカリブの海賊も
7月20日にリニューアルオープン!

ディズニーランド好きの旅ネコは楽しみです。


そうそう、今回の映画で一つアドバイス!
映画館が明るくなるまで席を立たないで、最後まで見てください。

posted by 旅ネコ at 15:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月20日

旅ネコ、お薦め! 親子で見て欲しい映画。

会津若松でイヤな事件が起こりましたね。

事件の背景、少年の心は判かりませんが、

中学までは、文武両道で普通だった彼が、
高校でどうなったのでしょう?


旅ネコがお薦めする親子で見て欲しい映画は
『遠い空の向こうに』です


今回は少しだけあらすじを話しますね。

炭坑街に住む高校生ホーマー
その街のほとんどは、一部のスポーツ特待生で大学に行く人を除き
卒業後は炭坑夫になります。

1957年、ソ連では世界初の人工衛星の打ち上げに成功。

ホーマーは仲間を集め、ロケット作りに夢中になります。

理解ある先生や街の人との出会い、
親の反対、
失敗を繰り返しながら、彼らは・・・。

夢を持つこと、諦めないことの大切さ、

親子関係、学校、先生、地域、友達

この映画には「答え」に繋がるようなヒントが沢山あるように思えます。

今日のような綺麗な青空を眺めると、
この映画が見たくなります。


親子で見て、気まずくなるような性描写もないので安心です。



「勉強しなさい」
「良い会社に入って、安定した生活しなさい」
「勉強しないと、ホームレスさんみたいになりますよ」
と脅し的なことを言っても、子供は納得しません。


旅ネコが、思う教育とは、
「勉強する=未来の選択肢が広がる」だと思います。

毛利さん、向井さんのような宇宙飛行士、
丸山さん、橋本さんのような弁護士、
建築士、警察、消防士、医師、看護婦。

どうやったら、なれるのでしょう?
何を勉強すれば良いのでしょう?

ただ塾、予備校に行き勉強すれば良いのでしょうか?

ゆとり教育の本当の意味は、
ゆとり=勉強をのんびりするではなく、

何をしたいか?
なりたい職業に就く為には何が必要かを子供と一緒に考える事だと思います。



旅ネコも、子供の時にこの映画に出会えたら、人生大きく変わったかも?
旅ネコの最高に好きな映画の一本です。
posted by 旅ネコ at 07:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月11日

旅ネコ、またまたまた映画に行ってきました。

『スパイダーマン3』
内容は、伏せますので、安心してブログ読んでください。
スパイダー.JPG

ヒーロー物は、
制作費や、映像、アクションのことが注目されますが、
心の葛藤、一つ一つのセリフ、グッときます!

ツッコミ所は多数ありますが・・・、旅ネコ、大満足です。


3作とも、リアルな日常の自分(ダメな部分)と、
ヒーローの自分(カッコいい部分)がバランス良くミックスされています。
誰もが思う、「もし〜だったら・・・?」が上手く表現されている感じです。


1作目のスパイダーマンの誕生、平凡な高校生が・・・。
敵のグリーン・ゴブリン(緑色の怪人)は真面目に気持ち悪かった。
 

2作目の尊敬する科学者が・・・。
恋心を抱くメリー・ジェーンとの関係は?


そして今回。

クモの糸で宙を飛ぶシーンはいつ見てもドキドキします。

最近のプラズマ・液晶の大型テレビも良いですが、
やっぱり映画館はお薦めですよ。
posted by 旅ネコ at 13:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月09日

旅ネコは、ラブコメ映画が好き

暑い日でしたね。
旅ネコの住んでいる所では、
光化学スモック注意報が発令されていました。


旅ネコは、今日も映画に行っちゃいました。
ラブソングができるまで

映画を見ていない人の為に内容は伏せますね。

『ブラッド・ダイヤモンド』、『ハンニバル・ライジング』
と暗い、重い映画を見続けた後なので、
やっぱりラブコメは良いですね。
見終わった後が爽快 わーい(嬉しい顔)

ヒュー・グラントはラブコメ界の帝王?
日本でいう高田純次?

いい加減だけど、憎めない人柄。
ダメ男をやらせたら、右に出る人はいないですね!

でも、魅力的です。

大好きな俳優さんの一人で、
彼の主演した
『ノッティング・ヒルの恋人』
『恋するための3つのルール』は
旅ネコの大好きなお薦め映画です。




ルール.JPG


ドリュー・バリモアさんもいい感じです。

『チャーリーズ・エンジェル』が有名。
『エバー・アフター』
古くは『E・T』で子役を。

二人の息はピッタリ。
バックに流れる音楽も軽快。

人生や恋愛に疲れている方は是非、お薦めです。

posted by 旅ネコ at 20:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月08日

『ハンニバル・ライジング』見てきましたー!

精神的ダメージを受け、家に帰れなくなるといけないので、
朝一番で見てきました わーい(嬉しい顔)


見ていない人の為に、詳しい内容は書きません。



感想は、

う〜んダメ ふらふら


1991年 羊たちの沈黙
2001年 ハンニバル
2002年 レッド・ドラゴン
2007年 ハンニバル・ライジング

全作品、監督が違います。



1作目の羊たちの沈黙
アカデミー賞5部門受賞。
アンソニー・ホプキンス
ジョディ・フォスター
本を先に読みましたが、映画版も良かった。





2作目のハンニバル
主役が、
ジョディ・フォスターからジュリアン・ムーアに
変わってしまいました。

1作目の印象が強かったので、
ジョディ・フォスターでやって欲しかった。





3作目のレッド・ドラゴン
出演者が豪華!
エドワード・ノートン
レイフ・ファインズ

原作ではこれが一番最初。
これから、見ても良いかもしれません。


ハンニバル.JPG

そして今回。
レクターさん「誕生の謎」は判ったけど、
内容が・・・。

マーケットを意識してか?、
日本的な要素が出てくるけど・・・。
これが内容を悪くしている気がします。
映像に違和感がアリ!



「羊たちの沈黙」が世に出て、犯罪心理学がブームに
なりましたね。
旅ネコも、たくさん本を読みました。
犯罪心理学に、普通の心理学。
本棚の何列かは心理学の本で埋まっています。

ロバート・K・レスラー氏の
「FBI心理分析官」


↑これはお薦めです。
この頃から、「プロファイリング」という言葉が出てきたような?

最近の刑事物には必ずと言っていいほど聞きます。

著者のロバート・K・レスラーさんも
当時は、よくテレビに出てました。


最近は超能力捜査がテレビの主流?なのか
ロバート氏は出てきませんね。
時代は超能力捜査官マグモニーグル?




↑これもお薦め!
多重人格者の話。
人格が24人!
とても興味深い本です。



映画では
ブラッド・ピット、モーガンフリーマンの
『セブン』



良く出来た作品でしたけど、
後味が最高に悪かった。
見た後、いや〜な気分になります!



posted by 旅ネコ at 11:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月24日

『ブラッド・ダイヤモンド』に旅ネコ衝撃!

昨日、レオナルド・ディカプリオ主演の
『ブラッド・ダイヤモンド』を見ました。
オチは書かないので安心して読んでください。


ラブ・コメ好きな旅ネコですが、
話題の映画には、ついつい足を運んでしまいます。

『ブラッド・ダイヤモンド』
重ーい映画ですね。
ダイヤモンドのあの美しい輝きの裏には、
多くの血が流されていた。

石油、ダイヤ、金、多くの資源が眠るアフリカが、なぜ貧しく、
内紛が多いのか?
そこには、欧米の影が・・・。

社会派映画は見終わった後、考えさせられます。


『ミュンヘン』は最悪でした。
事実だとしても、救いようのない後味の悪さがずっと続きました。
お金を払って見るものではないですね。
 


ここ最近見たお薦め映画は

 『プラダを着た悪魔』


出てくるファッションが素敵です。
アン・ハサウェイが少しずつ洗練され、変わっていく姿に心引かれます。
スゴ腕編集長のメリル・ストリープの隙のないクールな演技が、
内容を引き締めています。
 (あんな上司の下では、働きたくない!)

とても楽しめます。



『バブルへGO』
バブル.JPG
日本には、バブルのような夢の時代があった!
阿部ちゃんの演技がコミカル。
ちょい役の顔ぶれも、なかなか。



「映画は楽しくなければ」が旅ネコの考え!

次は
 『ラブソングができるまで』
 『ハンニバル・ライジング』
 『スパイダーマン3』
見る予定です。

『ハンニバル・ライジング』は
一人で見るか、友達と行くかで考え中。

皆さん、
お薦め映画がありましたら教えてください。




posted by 旅ネコ at 11:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。