2007年05月31日

獣(ケモノ)の味!?

フレンチでもイタリアンでも
 「子羊の〜」という料理がありますね。

子羊だからか、下処理されているからか、
臭みを感じませんが、

先日、足を運んだ多国籍料理の居酒屋さんの、
「ラムの串焼き」は獣の味がしました。

旅ネコ、こういった獣味もけっこう好きだったりします。

この「ラム」、人によって好き嫌い分かれますね。

「ラムが食べた〜い」と期待して行った友達は、
食べてる最中から、
「もう、一生食べなくていいや」と言っていました。

嫌いな人の気持ちも分かります。

最初、ジンギスカンを食べた時は、
「ん〜、独特、でも、好きかな」という感じでした。


イノシシも
「当店は養殖の為、臭みがありません」なんて書かれてるとガッカリ。

せっかく食べるんだから、記憶に残る味であって欲しいですね。
「今、山で仕留めてきました」
「うっ!獣」
「野生のイノシシはやっぱり硬いね」
なんて会話をしながら、ダイナミックに鍋で食べたいです。

住むところを追われ、街中に出てくるイノシシ、
旅ネコが食べちゃうぞレストラン


日本って国は良いですね。
色々な国の、色々な食べ物がありますね。

毎日、食べ物の事を考えている旅ネコでした。






posted by 旅ネコ at 15:09| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。